スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

派手にデ・ハ・ニのいい旅 そんなサイクリスト編

企画はするんだけど

なかなかいけなかった

今回の旅

ついに実行に移すことができた。



スタートは松江しんじ湖温泉駅!


こんなフリーな券を買うと

一日中電車乗り放題!



そうこれも載せることができるようになる



そう今回の目的はチャーリーで出雲大社を攻めるということ



懐かしき湖北線沿いを電車は走る



運転席にはタブレットのようなものが立っている

なんだろうか?時刻表の確認?



しんじこも穏やか



ストレートも気持ち良く



イングリッシュガーデン通り過ぎ



クラシカルな料金箱は味がある



止まる駅ごとに



いちいち味がある



園〜その〜



乗り換えはかわと

この電車は出雲駅に向かうので

大社行きに乗り換えた



2両目は貸し切り状態

そしてガイドさんのような女子が丁寧にマイクで

説明をしてくれてた。

電鉄のサービス企画なんだろう



そしてあっという間に



終点!



颯爽と出雲大社に降臨

すると

日本最古の電車らしき看板と共に



デハニ50形が展示してあるではないか

さっそく

内部に侵入してみる



なんとクラシカル!

木造の小学校を思い出すウッド造り。

寝心地も最高だ。



そして駅構内へ

これもクラシカルでそこらじゅうがカメラスポット!



構内には年配フォトグラファーでごったがえす

駅を後にし



せっかくなので道路の真ん中で1枚!

そしてたどり着いた先は



また駅!

別に駅マニアではないが思い出の大社駅。

おばあちゃんの家はすぐ裏!

そんな「JR大社駅」は

平成16年から重要文化財に指定されている。



重要文化財でジャンプ一番!

着地は古いレールで足をひねるとこでした。


そして

合流したのは本格的サイクリスト



あいさん・やのっち!



なんと様になっていることでしょう

この後二人が行く予定だった

プチツーリングに同行が決定



再び一畑電鉄大社駅を通過!

カラフルなガラスがかわいい感じ。



出雲大社も通過!



ほうのうざんはとってもシングルバイクには厳しい坂道だった・・・・

しかし

頂上には



ナイスーな景色が待っていた

まさにプチ達成感。

その後

ワイナリーへ向かった



するとあれだけ晴れていたハズなのに



最近流行りの

通りゲリラ豪雨が〜

お陰でワインをたんまり試飲する羽目に。



そして出雲市方面へダッシュ!



再び電車にて帰宅したのは午後8時。

最終電車を逃すとこだった・・・。

また行きたいね


サイクルツアー!



旅立ち。荷物MAX


いってきます。

世界が平和になるようにお祈りしたかったのに。

GOLDEN WEEKレポ!

第1弾

意外にも初めて渡った・・・


明石大橋



本州と淡路の島をつなぐ大切な道路

淡路島に無事到着し、車を走らせること20分

山の陰から姿を見せたのは・・・・








なんでしょうか



これはいったい



もしかしてめっちゃデカイ!

そう



この御方

その名も



「世界平和大観音像」

現在は営業停止状態。

日本3大廃墟大仏として有名なスポットだった訳です。。。

まず大仏の作りが荒い。

そして意味のない建造物の数々。




40mもある十重の塔

ボロボロだった。

もちろん中には入れない。

半分ジャングル化した道を登っていくと


突然歓迎してくれるのは





身長の倍ほどの「自由の〜」

そしてなぜか

その横には



地蔵?



いや他の国のもの?



そうにちがいない

そして更に死にかけのオブジェが



SLである。

こんなにサビサビなSL初めて・・・。

背面は更に雑な作りで

B級感が伝わってきてテンションが上がる。




そして玄関部分に回り込む



謎のお賽銭箱が。

どんなご利益があるのかはもちろん不明。




海を見ると

赤潮?

結構な赤さだった。

ガスタンクなど大きな建造物が嫌いだった

子供の頃ならば確実に直視できないレベルの大きさだった

世界平和大観音像



淡路島を訪れた際は確実に寄り道してほしい

GWらしからぬB級なスポットでした。

次回はさらにB級な内容でお届け予定。


紅葉一歩手前のあの山とそれにまつわる湧水スポットへ


先日は

紅葉まであと1歩の少し残念な大山に行ってきた。



総勢9名にて。

残念と言っても色々と感動があったトリップとなったのは言うまでもない。

まずは大山寺に!

とはいえお寺の麓から見える階段をみた平均年齢30歳のメムバは

ゴール目前にして軽くUターン。



しかし

とりあえず階段では並んで写真を。



最近の集団写真は横か縦一列に並ぶのが流行している。

そして階段横にある鳥居にて

女子三人のストーン・スローイング



躍動感アリ!

しかし石は簡単にはのらないのであった。


そして下山途中で

噂の湧水スポット

「地蔵が滝の泉」へ



自然に囲まれてみる





透き通った水とキレイな緑にココロ癒されモード!

気温はそこそこだったけど

水温はかなり低い!



2人の男子曰く

「1分もたない」

らしい

せっかくの防水カメラなので

水中に突っ込んでみる



うーん

これだけ水が透けてるといいのが撮れる。

湧水には目もくれず水辺でキャッキャ騒いだメムバたちでした。

しかし

大山はこれだけではない

同日に例のフルーツを狩ったのでまた後日上げますので。


続 灼熱砂丘

引き続きリフトにて向かったのは



隣接する

鳥取砂丘

日中の砂の温度は50度を越えるらしくそこは灼熱地獄だった。

リフトから馬の背と呼ばれる丘までは300メートル以上あり、もちろん



ラクダくんだけ見てUターンしたのであった。

夏は行くもんじゃないなぁ。




灼熱の砂丘にて情熱大陸アフリカ!

約10年ぶりになる

砂丘とっとり

今回のメインは



現在は
「砂で世界を旅するアフリカ」

開催中している


砂の美術館


※以下はネタバレ内容になるのでご注意。



入り口からなかなかの完成度



一応テント型になっている。

中にはいるとアフリカをテーマにした作品が並んでいる。







人物像よりも動物のクオリティーが高い。

アフリカンファミリーたちが揃う。


わーわー言ってはります。


砂像は一切の凝固剤を使用していないという。
砂と同じ量だけの水。
これだけで固めているそうだ。
不思議。






もちろんご当地ネタも欠かさない。

最後はやはり旬のもの


ワールドカップトロフィー!

思わぬところで体験できた旬なアフリカになったということで砂丘へとつづく。。。





PEACEな楽園とそれにまつわる動物たち

 先日は岡山県は玉野市にある

「渋川動物公園」

へ癒しを求めて。。。



園内マップ。

まず驚いたのは、ほとんどが手作りな園内。

駐車場も舗装されておらず朝一番に到着したが、車は10台もない状態。

貸切り感満載で園内へ入ろうとすると

まず出迎えに

IMG_8930.jpg

放し飼いの「ラマ」が・・・。

コブのないラクダということだが、なんだろうこの癒し顔は。

どうやら人には相当慣れているらしく、噂のツバ吐き攻撃はなかった。

そして受付では、多分この園では一番人気であろう

IMG_6807.jpg

「コモンマーモセット」が・・・・。

これはリスザルなんかよりも小さいサルで手のひらサイズなおサル。

入口から楽しい出会い。。。

IMG_5249.jpg

他の動物園ではサブ的なメジャー動物たちがこの園では人気が高い。

犬はこの広い敷地内を散歩できるというプランもある。
(半分ぐらい歩いて気がついたが、これは絶対連れて歩いたほうがおもしろいと思う・・・後悔。)

IMG_0073.jpg

気ままに園内を散歩する「ミニブタ氏」

IMG_3658.jpg


「焼き豚状態」やる気なし・・・・。


下調べをしたはずだったが、実は・・・

相当広い!

池など1周して歩いてみたが、これは

「軽い散歩」程度ではすまない大きさだった。

動物とのふれあいメインなので小さい子どもにはマストな動物園だが、広すぎるので、ベビーカーは必須かもしれない。

あと乗馬も500円という破格値だったので次回は挑戦してみたい。

IMG_6807.jpg

ホースでピースなアート写真も撮れたし。

想像を超える楽しさの渋川動物公園はオススメスポットに認定だろう!



大きな地図で見る

渋川動物公園
〒706-0028 
岡山県玉野市渋川3-1077-1 TEL:0863-81-3030
開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
 休日:年中無休
(おもちゃ王国も真向い)






爆走さくらんぼ街道

 同色系バイカー ユツキー”HARADA”幸海苔と春の定番ツーリングコース

”さくらんぼ街道”へ

IMG_6807.jpg

若干ステッカーチューンのKDXとついに手に入れたシンプソンのヘルメットで。


IMG_5249.jpg

桜も五部咲きぐらいか・・・・。

しかもうすら寒いときたもんで、手がプルプルしていた。

あと1ヶ月ぐらいすればバイク日和になるかもしれない・・・。

さくらんぼ街道では、ユツキーがゆるいジャンプを見せてくれて。

IMG_3658.jpg

腰骨がグニャリと。

IMG_0073.jpg

GWは1泊系ツーリング逝っちゃうか!?

地図から消された島

 瀬戸内海に浮かぶ島といえば・・・・

日本でも今一番メジャーなアート島「直島

オリーブで有名な「小豆島

特に直島は2度行ったけども本当に良い。

そんな誰でも眠っているアート魂に火がつく場所だけども。

もっとマイナーで興味を引く島はないかな・・・と。

某バイク乗りから仕入れた情報によると

戦時中に瀬戸内海で地図に載っていない島があるとのこと。

理由は毒ガスを生産工場があったせいらしく・・・当時働いていた人を父に持つ人に話を聞いたことがあるけど、結構そこで働いていて亡くなったり病気になった人もいたみたい。。。

その島の名前は「大久野島(おおくのしま)」(別名:うさぎ島・毒ガス島)



車の乗り入れも出来ないほど小さな島のようだ。

しかし当時からは想像も出来ないほどピースな島になっているみたいで、ホームページにも休暇村 大久野島と書いてある。

とりあえず島には約300羽のうさぎがいるらしい!





そして



「毒ガス資料館」

少し重い内容っぽいけどもなかなか興味を引く資料館だ。

是非ツアーを企画したいですね。いい写真撮れそう!

MAP↓

より大きな地図で 大久野島 を表示

| 1/1PAGES |

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ニンジャ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM