スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

女子会の冬山ランチへ潜入

思わせぶりなタイトルだが・・・

冬に山で女子とランチを食べた訳ではない。



昔の県立プールから東本町方向へ抜ける道路を右折


50mほど入ると見えてくる


松江でも今一番女子たちからアツい評価を受けていると噂の

古民家バイキングレストラン

「かんてら山」



オーナーが時間をかけて古民家を改築した店舗

今回は男子2人で潜入。



バイキングとしてはかなり格安な料金設定が好感を持てる。



味のある玄関

料金は先払いするシステム



メインの部屋に料理が並んでいる



手作り感満載の料理が並ぶ



和食も豊富



しかもどれもヘルシーな雰囲気が。



カレーまである!



とりあえずめいっぱい盛ってみる。

トマトは島根産とのことだがフルーツトマトかってぐらい甘いトマトだったのでおかわりしまくり。



とりあえずキッズルームしか空いてなかったところに男子2人の図



なので後ろにはベビーベッドが。

赤ちゃん連れでも安心。



薪ストーブが暖かい



とりあえず男子2人で女子だらけの店内で浮いてるかもしれないと思いながらも食べ続ける。

そして粋な計らい



バレンタイン企画!



ケーキに



大学芋に手作りチョコ!

この時点で何カロリー摂取したか・・・!?



各所にオーナーのこだわりとセンスが感じられたお店でした。

お店のスタッフさんも店内の写真撮影も快くOK!

ディナータイムは予約もできるし、飲み放題もあるようなので

ぜひ今度は夜の会で利用してみたい!

P.S.チョコはどうやら1人2個までだったのに、わからず5個とってしまってた・・・反省。。。



そのオトコ厨房につき・・・

さぁついに

家でプロの味が食べれる日がやってきました。

本日の講師は



まーふく氏


このオトコ

普段は某料理店厨房に立っている。

今回は

我が家の狭いキッチンにて

すべてを持ちこんで料理してくれた。



キノコだって



マッシュルームだって



オクラーだって



みんなみんなおいしそうだ!



待ち時間には

あの男と

野外にて

ラインアートに励む



テーマ「仏」



「仏2」

う〜ん完全に逝ってますヨ。

そんなことをしている間に




料理は出来上がっていく

そして完成!



炊き込み的ライス



タイのムニエル的



おいしいサラダ



やわらかすぎるお肉たち




満腹を超えてたべてしまったのは言うまでもないだろう!

感謝!

そして彼の出張料理依頼も増えるかもね。


恵方巻逃げる食べる

なんだかんだで毎年食べてる・・・

例の棒だけど

今年の方角

「南南東少し右」へ



逃げる恵方巻





捕まえて



むさぼる!

さてご利益あるのだろうか・・・。


ちなみに豆はまきませんでしたので。

逆襲のごんぶと野郎

先日

初来店にして

つけ麺を

選択してしまった

松江の二郎系ラーメン店



ごん太

に再び降り立った。

今日こそは!

と注文したのは

3つのメニューの中でも1番定番



豚ラーメン 650円

肝心の麺は…



極太キター!

つけ麺の麺とさほど変わらない太さ。

ゴン太だけにごんぶとだ。



スープは豚骨ほどの濁りはないが、相当濃厚。

そこで店主から一言

「スープ濃かったら言ってください」

薄める前提!?

しかしそのまま


完食!

二郎系の噂どおりスープはコッテリしすぎて全部飲めなかった。

相当濃いので

極太麺、こってり系ラーメンマニアの人にオススメな

豚ラーメンでした。







チョーヤがジェリーを黒糖で。

最近は各パーテーなどでもよく見かける



お酒をゼリー状にしたヤツ

おやつ感覚でいっちゃうと

あっという間に

ノックアウト。

そんなブームに乗り



宮崎あおいのCMがイイ感じ

チョーヤがやってくれたのです。



「ウメッシュゼリー」

なんかウコンのチカラと

間違えそうな大きさ・カラーリング

しかしこれ

美味しい!

言うなれば

ファンタフルフルシェイカーのお酒バージョンか?

炭酸が美味しい。

そして

更にツボをついてくれる



「黒糖ウメッシュゼリー」



10回振って

シュワシュワっと。

この冬はヘビーローテ決定だ。


二郎系らめーんは最強ごんぶとなごん太だった券

いつの間にかオープンしていた

松江市菅田町のラーメン店



「ラーメン ごん太」



場所はこの写真を見てピンと来た人は立派な松江人ということで。

某インターネット掲示板にて

松江のラーメン店についての色々な記事を見ていると

どうやらゴン太は

現在関東で流行っている

「二郎系ラーメン」らしい・・・

東京に仕事で滞在していた時期は

残念ながら1度も行くことがなかった

ラーメン二郎に似た味なら・・・

これは行くしかない!

と単身乗り込んだ。





まずは食券機にて食券購入!

かなりシンプルなメニュー構成

‘撻蕁璽瓮
△弔洩
辛味つけ麺

以上である。

普通なら

とりあえず

豚ラーメンに行くところだが・・・

上の写真右下にチラリとしか写っていないが

つけ麺は〜から始まる説明書きを見て

即座につけ麺大盛りに決定したのであった。

その内容

「つけ麺は麺が極太な為、ゆで時間を8分ぐらい頂いています〜」

そんなこと言われたら

極太つけ麺マニアとしては

8分待ってでも

つけ麺に行ってしまうにきまっている。



シンプルな店内で約3名のお客さん




ひたすら待つ事8分



ついにつけ麺が・・・・



はいお待ち!

ヒゲの店主らしき人物から出されたのは



極太麺!



※これはうどんではありません。


コシがある極太麺大盛りは

醤油和風だし的な味



即完食!

結構つけダレは濃い目だったが、これは癖になるかもしれない。

しかし

次回はさすがに豚ラーメンを食べてみようと思う。

またリポートするかもしれないので。


ラーメン ごん太

営業時間 夜10時まで

定休日 月曜日






新メニュ〜はマストオブ・・・だった件

 IMG_3671.jpg

これで280円とは・・・


牛鍋丼に引き続き

IMG_1053.jpg

やるな!

大橋鶴丸夕日クルージンGOOD!

アツくて死にそうなので

水辺の企画として友人ファミリーで船をチャーターしてみた。



なかなかの巨大船だ。




最大30名搭載可能。ゆとりをもって20名だそうだ。



そう気分は「シーシェパード」



中にはソファが敷き詰められセレブな気分が待っていた。






松江港を出発し・・・

出発時間はまさに日没15分前

これは期待できそうだ。

そしてくにびき大橋に始まり

4本の橋が次々と目の前に!



子供も大人も大興奮!

なんと



船の屋根にいると

頭上10cmほどに橋が迫ってくる。

この狭きゆえのスリル。

堀川遊覧船を思い出した・・・。

そしてその後にはお約束の



夕日?




夕日?

雲はあったけど日が落ちていくところはちょうど切れていてベストな夕日を拝むことが。




子供たちにもきっと記憶にのこるセレブ会となったであろう。




その後は酒・オードブル・BBQで暗くなっても楽しみましたとさ!

今回は

鶴丸さんで船をチャーターしてみたのでした。

じゃんじゃん予約受付中らしいので、一味違った宴会をお望みなら。。。

是非使ってみて下さい。

鶴丸:LINK

イエスタディワンスモア〜

先日は東本町あたりで話題のお店



イタリア酒場へ

なんと内装は全て手作り

料理も全て手作り

それが売りなイタリア酒場


アボカドの入ったピッツァはめっちゃウマすだったので紹介。


しかし他の料理も安くて美味い そんなお店にまたリピートしないはずはありません。


Claps KEN@Bと同級生 丘ちゃんと半地下で飲んだ訳です。

最後の

フルーツのシロップ漬けは罪悪感と闘いながら無事完食。

よかよか。

次回は系列店 サグへ行くんだから。

目立つところに隠れた名店。

 やはり今でも松江で1番のカツ丼を出す店といえばここしかない。

そこは意外に知らない人も多いが、かなり目立つ場所にある。。。


IMG_5249.jpg

そう太陽のマークの家電量販店のすぐ向い側

IMG_6807.jpg

「文六」ぶんろく

なぜ文六なのかはわからないが、きっとマスターはぶんろくさんなんだろうと・・・。

基本日替わり定食(昼)をみんなセレクトしそうだが、そこはガマンして「親子丼」「カツ丼」「エビフライ丼」
そのどれかを注文してみるといい。

IMG_0073.jpg

今までに見たことないほどクリ〜ミ〜〜〜〜〜〜なカツ丼。

IMG_3658.jpg

ほらね。

ホントうまいね。

うまい話続いてる。

あまりにもクリーミーだったので、マンガを読みながら

「作り方聞こうか・・・・やめようか・・・企業秘密とか言われそうだし・・」

と店のおかあさんを横目に迷うこと5分。

静かに退店する方向にきまりました。

今日もまた

IMG_6807.jpg

次回は・・・聞く!

| 1/3PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ニンジャ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM